遠い箱

精神障害を持つアラフィフのヘンテコな毎日と、日々変化する心情を綴ります。

寒いですね。

f:id:R_elle:20191202115607j:plain

時間にギリギリの行動って、
どうもそれだけで疲れてしまうから、
どうしても時間に余裕を持った行動になる。


余り過ぎた時間は、カフェで一杯の珈琲を。


これはたいそう贅沢なひとときなのかも知れない。


ゆったりとした座り心地の良い椅子で、
いれたての美味しい珈琲をいただく。


本来ならお気に入りの小説でも読みたいところだけれど、
最近は心のゆとりよりも学びを優先させている。


空想の世界よりも現実に立ち向かうことの選択も、
今の私には必要なのだろう。



課題に取り組んで、
自分なりの合格点に達するいつかの日を夢見て。



それまでは、
大好きな空想ともしばしのお別れ…。