遠い箱

精神障害を持つアラ60のヘンテコな毎日と、日々変化する心情を綴ります。

暗示にかかりやすいのって、つまり素直ってこと? それとも単なるお馬鹿さん?

以前、会員だったフィットネスクラブからの招待で、パーソナルトレーニングを1時間無料で受けた。
それは今週の木曜日、7月30日のことだ。
大手のフィットネスクラブで特に怪しい団体ではないクラブが契約しているトレーナーだから、疑り深い私でもそれなりに心を開いた。
レーニングの1時間のうちに、普段では口にしない個人的なことも話した。
精神障害を持っていること。
ヴィパッサナー瞑想を実践してから、精神状態が実に安定していること。


彼は気の流れの変え方を知っているようで、指先で体のポイントを軽くタッチするだけで劇的に体の動きが変化する。
膝の痛みが強く、ここ数年間というものスクワットが一切できなかった私が、彼の方術を数分間受けただけで深いスクワットができるようになったのだ。
これには驚いて、この若きトレーナーをすっかり信頼できる気持ちになった。


話を聞くと彼は伊勢白山道という人物に傾倒しているようで、この人のブログを勧める。
そして彼曰く、瞑想は修行者が行うもので一般人が行うべきではないと、伊勢何某は言っているというのだ。
若干、不安になる私。
重ねて瞑想しているときのイメージを今この場で作れるか聞かれたので、私は即座に瞑想しているときのイメージに入った。
すると、「うわぁ」という声を発した彼は、
「チャクラが開ききってますよ?この状態は危険じゃないですか?」と言う。
ヨガの経験が長い私はサマタ瞑想経験もあるため、ヴィパッサナー瞑想よりもサマタ瞑想に入りやすい。
「今の瞑想はヴィパッサナー瞑想じゃないです。サマタ瞑想かな? 私はヴィパッサナー瞑想の指導を受けたことはないんです。スマナサーラ長老というテーラワーダ仏教のお坊さんのYouTubeや本を読んで、自己流で勝手に行っているだけですから...しかもまだ数ヶ月ですから。その上、ちょっと怖い体験をして少し前にテーラワーダ仏教協会に電話相談したことがあるのですが、その時に座る瞑想は控えるように言われました。今は歩く瞑想や立つ瞑想中心に実践していますから安全ですよ?」
「そうですか?それでも今の瞑想状態でしたら良い気も入ってくるけれど、悪い気も入ってしまいますよ?」
「うーん...だから怖くなって協会に相談したんです。普段は座る瞑想を行わないですから大丈夫じゃないかな?」
「それではそのスマナサーラ長老のことをイメージしてください」と彼は言う。
私がイメージすると、彼は右腕を上げて固定するように指示するから、そのようにする。
固定した私の右腕を下方向に彼が押さえつける。
するとなんの抵抗もできずに私の腕は下に降りてしまった。
その後で「この画像を見てください」と言って彼が差し出したのは、シュリー・ラマナ・マハルシの画像が映し出されたスマホ画面だった。
「あっ」
思わず私が声を漏らすと、彼は「ご存知ですか?」と聞く。
「はぁ、まぁもちろん」と私は答える。
その画像を見た後で先と同じ動作を行ったところ、私の右腕は強く固定されて、彼の力に難なく抵抗できた。


彼の結論はというと、スマナサーラ長老の瞑想はMさん(私のこと)には安全ではないのではないかと言うのだ。
私としてはスマナサーラ長老の指導を直接受けたわけではなく、動画や本で知っただけの自己流の域を出ない、いわば「なんちゃってヴィパッサナー瞑想」である。
それを頭ごなしに危険呼ばわりされては、テーラワーダ仏教への迷惑になるだろう?
そんな私に迷いが生じる。


「今日、これからスマナサーラ長老の法話YouTubeで配信されるんですけど、見ない方が良いのかな?」
「どう思いますか?」
「毎回とても楽しみにしているんですが...」
「それでは今度はそのYouTubeを見ている場面をイメージしてください」と言うから、それに従ってみる。
その後で先の動作を行うと、なんの抵抗もなく右腕は下がってしまう。



そんな眉唾物の話を素直に聞けるはずもなく、この日のYouTube配信を拝見していると...見る見るうちに膝に痛みが起きて、どんどん腫れ上がってきたから驚いてしまった。
「うわぁ...何これ?」
怖くなって直ちにYouTubeの動画を止めた。
それから昨日も今朝もなんとなく恐怖感があって、ヴィパッサナー瞑想をサボってしまった。
それでも中断してしまった7月30日配信の動画が観たくてたまらない。
このまま、心残りのある状態でいるだなんて、良いわけがない。
そんなんで動画に再度チャレンジすると、まったくなんの問題もなくスマナサーラ長老のQ&Aを見終えることができた。
スマナサーラ長老のお話の力強さに心は躍り、喜びを感じるのだ。
すっかり元気を取り戻して、今朝は気分爽快。
青空に浮かぶ上がる夏の雲も、気分を穏やかにしてくれる。
関東もいよいよ梅雨明けかな?


そして元気を取り戻した私は、トレーナーお勧めの「伊勢白山道」をググってみると、何やら怪しすぎる気配...。
いやはや、日本って...。
それにしても暗示にかかりやすい私ときたら...そりゃもう我ながら呆れてしまう。


一日も早くヴィパッサナー瞑想の指導を受けて、不安なく日々の瞑想に励みたい。
それにはコロナ収束が不可欠。
なんの力も持たない私は今はただ大人しく、コロナの収束をひたすら祈るばかりだ。